入園して一年

          T君(5歳)のお母さん


 「いこいの家」に通園させていただくようになって,ちょうど一年。息子も四歳になります。この一年でだいぶ変わったように思います。以前は何をするにも全て一緒に行動していましたが,この頃では自分の意思が強くなり,私を引っ張って行くようになりました。そして,何よりも表情が良くなってきたと思います。以前からすると考えられないことです。
 入園当時,私から離れるのがいやで泣いて,これからどうするのだろうとさえ思ったくらいでした。それがどうでしょう。「バイバイ」とニコニコしながら手を振って行くのです。そして一人で座ることが嫌いな子が一時間近くバスに乗って行くのです。私は信じられないと思いました。
 そして園に着いてから,またまたびっくりすることが!それは,なんとオマルに座るのです。長いことオマルに座っているのを見て,「あ!座っている!」と感動しました。食事にしてもそうでした。毎日毎日繰り返してやっている事を体が覚えているんだなと思いました。
 息子もこの一年で色々な事を学ばせていただいたと思っております.先生方には大変ご苦労があると思いますが,感謝しております。
 そして私は,「いこいの家」に通園させていただくようになって,お母さんたちがみんな明るいのに驚きました。その明るさがとっても暖かく,良い雰囲気のものでした。これからもその雰囲気が続いていくことを願っています。そして,これからの色々な行事,ボランティア活動など積極的に参加させていただきたいと思います。
 まだまだ,障害がある子供の多いこの時代,「いこいの家」のような施設があることを皆さんにも分かってもらい,どんな些細な事でも良いので,障害のある子供と接してもらえる時間を作ってもらいたいと思います。そして多くの人達が障害児について理解してもらえる事をを望みます。


Copyright(C) 1995 静岡市心身障害児福祉センター「いこいの家」
出典:いこいの家通信 No.160
静岡市心身障害児福祉センター「いこいの家」
協力 ボランティア通信from静岡
ボランティア通信from静岡