ただいま反抗期

          Mくん(4歳)のお母さん


「お母さん、男の子ですよ。」産声を間く余裕もないほどの慌しい出産でした。

妊娠8ケ月なのに陣痛が来てしまい。しばらく入院のつもりがその日のうちに出産。体重は1500gもあり、自カ呼吸ができるので一安心。紙おむつの方が大きく見え、なんだか不思議な感じでした。

入院中は大きな問題もなく、予定より2週間ほど早く退院でした。が、それからが「変だなあ」の連続でした。抱くと弓なりに体が反る、起きている時人形の足の様につま先までピンと伸びている・・・こうして書いているときりがありません。その後も「脳性まひです。」 「将来歩けても普通に歩けません。」と、不安材科が増えて行きます。

「育児の中でアッという間に過ぎる可愛い時期を何倍も味わえるからいいね。」そう思う様になり、それから未来と過ごす時間がますます楽しくなりました。少しつづ成長していく過程をおおげさと思えるほど喜んだり、笑いの絶えない家庭となりました。

子育ては大変だけど、未来に感謝することもあります。それは、素敵な人々と出会えたこと。みんな未来がいなければ出会うことのできなかった人ばかりです。いこいの家の先生。いこいの家に通う様になり、日々成長して行くわが子の姿、常に熱心に接して下さる先生方、どれくらい私を勇気づけてくれたかわかりません。色々な人と話をし、笑いあえる、こんなささいな事にも感激してしまいます。

ただ今未来はゲームポーイに夢中。園から帰ってくるなりピコピコ。最近ではうまく先に進めないと悔し泣きまでします。そして反抗期真っ最中。 「やだ!」 「じゃま!」最近は笑い声より未来の口ごたえと私の怒る声がうるさい毎日です。頭を悩ます反抗期だけどこれも成長の証しと喜びつつ、こぢらも体力をつけようとしっかり相手をしていきたいと思います。「うるさい」という口癖だけ早く直るといいな。


Copyright(C) 1999 静岡市心身障害児福祉センター「いこいの家」
出典:いこいの家通信 No.208
静岡市心身障害児福祉センター「いこいの家」
協力 ボランティア通信from静岡
ボランティア通信from静岡