夜中の格闘

          Dくん(4才)のお母さん


「痛い」と言う言葉を息子に発するようになったのは、数ヶ月前から。
それは、夜泣きがひどい事がきっかけで、毎日同じ位置で、同じように寝ている私と息子の夜中の格闘だった。

昨年の年末に今の家に越してきたが、夜泣きは前からのものだった。
どうしていいかわからずに薬を頼ることにしたけれど、正直どれもにていた。
最近では、薬も飲んだり飲まなかったり・・・。この子の夜泣きはいつも同じで、私に向かって蹴ってきたり、噛んできたり、最近では髪の毛をねらってきたり・・・。
ひどい時には、1〜2時間位しか眠れなかったこともありました。
今でも続く息子の夜泣きは、何が原因なのか探っていこうと思います。私の足にできたアザ・腕に出来た傷跡、これも息子の言葉に出せない訴えだと思い、この格闘は今夜も続いている。

うん。息子は悪くない。
そう。仕方のないこと。

そう考えていけば、楽かな〜。なんて思ったりもしたけど、自分で自分の手を噛んでいるのを見るとつらくなる。
そこまでして、何が嫌なのか理解に苦しむこともある。
起きているときはとってもいい子、毎日毎日一生懸命だもんね。
一番君が頑張ってるもんね。
ママはちゃんとわかっているよ。
何も急がなくていいからね。
だからママのお願いを聞いて。2人で仲良くお休みしましょう。(笑)

お話が出来ないという立場にいるこの子はあらゆる手段で、体全部で私に向かってくる。
だから・・・私もこの子の全てを体で受け止めるよう。

一つ疑問。
「一体いつ寝てるんだ?」


Copyright(C) 2002 静岡市心身障害児福祉センター「いこいの家」
出典:いこいの家通信 No.240
静岡市心身障害児福祉センター「いこいの家」
協力 ボランティア通信from静岡
ボランティア通信from静岡