希望は絶対つかむゾ!!!

          Mちゃん(4歳)のお母さん


平成9年4月生れの娘は、4歳のお誕生日をごく普通に、めでたく迎えた。
それまでの娘は、頑張屋、世話好き、負けず嫌い、すごくしっかり者で周囲の人達にもよく褒められていて自慢の娘でした。
そんな、こんなで4年の月日が過ぎた。この年の5月。生活が一変。約4ヶ月の娘の入院。おしゃべりが出来なくなり、座ること、歩くことが出来なくなる。1ヶ月位目を開けることもなかった娘。
本当に、突然の出来事で涙が止まらない毎日、私の頭の中は、悪い事ばかり考えてしまう。そんな中。「むっちゃんがおしゃべりした夢を見たヨ」「むっちゃんが歩いた夢を見たヨ」って保育園のお友達やお母さん達の言葉で、しずんでいた私は、目覚めました。
娘は生きている。けいれんを止めるため、頭から足の先まで冷たく冷やされていても、
軟らかい肌に針をいくつも刺されていても、いろんな機械を付けられても、娘は生きて
いるんだ!! 精一杯生きつづけている。
だから私も頑張らなきゃ。一生懸命頑張ればきっと良いことがある。希望を持てばいつかはつかむことが出来る。希望をつかむまで、絶対に諦めない。絶対に… 共に頑張ってこーぜっ娘!!
みんなの期待に応えようぜっ!!


Copyright(C) 2003 静岡市心身障害児福祉センター「いこいの家」
出典:いこいの家通信 No.257
静岡市心身障害児福祉センター「いこいの家」
協力 ボランティア通信from静岡
ボランティア通信from静岡